【考察】営業に向かなかった人が考える、営業に向いている人【3選】

 

こんにちは、やまぴー(@Astro8754)です。

 

付き合いの長い友人ほど、「お前が営業w」と「だよな」と思うことを言ってくれるので、ありがたいです。本質的な言葉はいいですね。

 

そんな営業向きでない僕も、一応食わず嫌いはせずに

 

・ノルマあり営業(営業っぽいけど裁量あり)

・ルート営業(営業っぽくないけど残業多め)

 

を経験しました。今回はそんな私だからこそ思う、「逆にお前こそ営業!」と思える人の特徴について、3つにまとめました。

 

営業をやってみて向いてなかったという目線で書くので、未経験から営業職に就く人の参考になれば嬉しいです。

 



 

割り切れる人

 

まず、「割り切れる人」です。3つにまとめた中でも、特に割り切れる人は営業に向いていると思います。

 

僕は納得のいかないことと闘ってしまい

 

・「ノルマおかしくね?」

・「なんで私が謝るの?」

 

など、余計なストレスが多かったことを覚えています。余計なことは考えずに、受け入れられる人は営業として強いと感じます。

 

イメージですが、優等生っぽい人は受けた指示へのコミットメントが高く、この辺が上手いです。

 

例えば商品に不都合が起きたとき、上司から「お客さんに謝ってきてほしい」と言われて、

 

・「え?なんで私が?」と納得しない

・「分かりました!」とすぐに謝りに行って次へ進む

 

のどちらが営業向きかというと、後者ですよね。僕は前者なので、無駄に消耗しました。

 


 

補足ですが、我慢しながら or その場対応で「分かりました!」という人もいそうです。生きて欲しいなって思います。

 

最強なのは、心から「分かりました!」と言える人で、分かっている上での「分かりました!」だからです。正しい行動なので、価値観は違っても尊敬できます。

 



 

インセンティブに満足 or 商品を良いと思える人

 

たとえ割り切れないことがあっても、インセンティブの満足感がそれを上回る場合もあるかと思います。特に、歩合制の不動産営業など、成果報酬型の営業が当てはまります。

 

このように、成果報酬などをモチベーションにできる人は営業に向いているように思います。僕も成果報酬を受け取ったことがあり、それ自体はモチベーションに繋がりました。

 

ただ、成果報酬のない営業も多いと思います。そうなると、商品を良いものだと信じることができるかどうかが重要です。これは、結構大事だと思いました。

 

外貨建て保険の営業に関する、以下のようなニュースがありました。

 

 

外貨建て保険を買った高齢者からクレームが多発しているという内容です。多少なりとも金融知識がある営業であれば、その商品が良いものか悪いものかはわかると思います。

 

「知識がなくて会社から教わる商品の良いところを信じる」のは分析として論理不十分ですし、「悪いと分かっていながら営業する」のも騙してる感じがして消耗しそうですよね。

 

営業だときっと商品開発はしないです。なので、中立的になっても自社の他人が作った商品が良いものだと思えるのであれば、向いているというか、適職だとすら思います。

 



 

なりたい営業像がある人

 

営業に限った話ではありませんが、「営業を通して〇〇になりたい」という目標が明確な人は向いています。というか、やらされ仕事にならなさそうです。

 

利害の一致みたいなもので、営業経験をキャリアに活かそうとする点で戦略的です。

 

同級生の話を聞いていても、キャリアという観点で、できる営業は転職情報にアンテナを張っているということです。でも、個人的には考えた結果で今いる会社に落ち着くことが多い気もします。

 

スポンサーリンク

 

若干、話が逸れました。(記事の本題は、できる営業ではなく営業に向いている人です。)

 

先輩でも、「営業を通して気遣いができる人になる」という方がいました。実際かなり気遣いができる方で、営業の次のキャリアに進んでいました。

 

このように、営業経験をキャリアの中でどのように活かすのかが明確な人は、正しいモチベーションで営業ができるはずです。

 



 

営業に向いている人、まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

営業に向かなかった僕が、営業に向いている人について3つにまとめてみました。見出しだけ、再度まとめます。

 

・割り切れる人

・インセンティブに満足 or 商品を良いと思える人

・なりたい営業像がある人

 

こう見ると、悪い仕事でもない気がします。

 

ただ僕は、割り切れなかったし、インセンティブは微妙/自社商品はオワコンだったし、なりたい営業像もないというダメ営業でした。

 

でも、自責の念とかはありません。割と適当に就活をしたので、その時点でしっかりと考えれば良かったと思うことはあります。

 

とはいえ、実際に経験しないと判断が難しいことなので、これからのキャリアで営業職を考えている人の参考になれば嬉しいです。

 



 

やまぴー
Have fun!