【誰が悪いの】ブラック企業と労働者

 

こんにちは、やまぴー(@Astro8754)です。初めてお酒を飲んだのは20歳になってからです。

 

こっそりと、ブラック企業と労働者について書かせてください。僕はブラックな働き方をしたことはありませんが、勤務先をブラックだと言う人もいました。

 

今回は「ブラック企業の労働者は犯罪者」という立場で記事を書きます。法的に責任があるのは使用者なので、メタファーな表現ですけど。

 



 

ブラック企業の問題点

 

僕はブラック企業が減ってほしいと思っています。この点については賛同してくれる人も多いでしょう。では、

 

ブラック企業の1番の問題点はなんですか?

 

念のため、ブラック企業について厚生労働省からの引用文を載せておきます。

 

ブラック企業とは?
厚生労働省においては、「ブラック企業」について定義していませんが、一般的な特徴として、①労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す、②賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い、③このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う、などと言われています。

厚生労働省|「ブラック企業」ってどんな会社なの? より引用

 

ブラック企業の問題点といえば、「労働者が不当な扱いを受けるから」のような意見もあるかと思いますし、否定はしません。

 

ただ、それ以上に大きな問題があると思っています。

 

それは、ホワイト企業が迷惑を被っていることです。ブラック企業の1番の問題点は、内ではなく外への影響だと思っています。

 

ブラック企業は不正にビジネスをしているわけなので、正当にビジネスをしているホワイト企業にとって大迷惑な存在です。

 

ブラック企業の労働者

 

冒頭で「ブラック企業の労働者は犯罪者」というメタファーな表現をしました。実際に過労死してしまう人もいますし、批判的意見もあるかもしれません。たしかに、法的にはブラック企業の労働者は被害者です。

 

ただ、それでも同情の余地はありません。

 

ブラック企業が後を絶たない原因は、犯罪に加担している労働者がいるからです。これがこの記事の結論です。※メタファーな表現です。法的には経営者の責任です。

 

労働者の我慢は犯罪

 

いくつか、違法行為の例を挙げてみます。

 

・始業前に時間外労働(サービス残業)をした

・勤務時間の改ざんをした

・終業後や休日にサービス残業をした

・パワハラ・セクハラを受けた

 

もちろん、すべて犯罪です。面倒ですが、労働者は法的にも守られていますから正しい方向に動かなければなりません。しかし、我慢している人もいるようです。いかなる理由であっても我慢は共犯です。

 

摘発をする以外にも、会社を辞めるとか、そもそも合法化するように法改正に動くとか、罪を逃れる手段はいろいろあります。さすがに合法化は難しいでしょうけど(笑)、我慢よりはマシです。

 

「自分さえ我慢すれば」、「周りも我慢しているから」と被害者ぶる共犯者が多いため、ブラック企業は後を絶ちません。※メタファー(以下、略)

 

スポンサーリンク

 

もちろんブラック企業の労働者は被害者ですが、同時に加害者でもあります。ホワイト企業、更には会社に関係のない周りの人も迷惑を被っています。

 

そもそも犯罪だと知らなかった

 

犯罪者が「犯罪だとは知らなかった」と言っても許されることはありません。

 

ルールを確認しよう

 

感覚的に、違法か合法かはわかると思います。ただ、細かいルールについては意外と知らないものが多いと思います。

 

「労働基準法」で検索しても良いのですが(原文はこちら)、わかりにくいです。罰則をまとめたこちらのページが分かりやすいです。

 

規則では法的に責任があるのは使用者だと明記されています。だからといって、自分勝手に違法行為をしてはいけません。

 

「法的に責任があるのは運転手なのでシートベルトはしません」を何倍も悪質にしたような従犯行為です。

 

スポンサーリンク

 

ルールを理解しよう(例:サービス残業)

 

やらないと業務に支障をきたす仕事を、勤務時間前後や休日に片付ける行為は違法です。使用者には「6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金」が課せられます。

 

ただ、勤務時間外に労働者が自主的に送別会を企画する場合などは、違法とならない場合があります。(上司の指示であれば違法です。)

 

どうしても土日に本業的なことをしたいのであれば、従犯をするのではなく気持ちの良い職場を作る努力や勉強などの自己研磨に励むと良いと思います。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

「ブラック企業の労働者は犯罪者」という視点で、ブラック企業について考えてみました。あくまで中立的な立場のつもりでしたが、犯罪は嫌いなので少し感情的になった部分もあります。申し訳ありません。

 

ただ、ブラック企業がブラックである原因は労働者側にも多大にあると思います。罪を犯さないためには、権利を主張する、辞める、ルールを変えるという対策をしなければなりません。

 



 

ブラック企業の労働者にこそ読んでほしいのですが、一方で「お前は犯罪者だ!」と言われて批判的な読み方をしないのも変な話です。それは僕のライティング力不足です。

 

でも、我慢は罪です。美しくなく、醜いです。

 

運転中の不注意でケガを負わせて、過失傷害罪に問われた方が罪は軽いです。ブラック企業の労働者には、それくらい重い罪を犯している自覚を持ってほしいです。

 

やまぴー
Have fun!