【耳で読書】人気のオーディオブック【audiobook.jp & Audible】

 

こんにちは、やまぴー(@Astro8754)です。最近、音楽を聴く時間が減っています。

 

今回は「耳のスキマ時間」とか「耳コンテンツ」という言葉に代表される、「オーディオブック」について書いていきます。

 

特に、人気のあるオーディオブック配信サービス – audiobook.jpAmazonのAudibleを取り上げます!

 



 

オーディオブックとは?

 

「耳で聴く本」というと分かりやすいでしょうか。プロの声優やナレーターが読み上げた音源で読書(聴書?)ができます。

 

僕が初めて触れたのは2016年の夏頃でして、カナダでホームステイ先の車に乗ったときにホストファミリーが小説を聴いていました。

 

普段、人は耳が空いていることが多く、その「耳のスキマ時間」を有効活用しようというサービスです。最近は日本でも流行りつつありますね!

 

スポンサーリンク

 

例えば、筋トレやランニング、料理など、運動や家事をしながら本を楽しめます。電車や徒歩など、移動の最中にも読書ができますね!

 

僕も営業をしていたときには車の運転中、就活生のときには夜行バスでオーディオブックを聴いていました。

 

最近では「耳コンテンツ」に目をつけて、Voicyというサービスや耳で学べるYouTubeのようなコンテンツも増えてきています。

 

audiobook.jp

 

オーディオブック配信サービス – audiobook.jpとは日本最大のオーディオブック配信サービスです。

 

オーディオブックを1冊ずつ購入していく無料会員の他に、月額300円〜ポイントを購入、または月額750円で聴き放題の月額会員で音声コンテンツを楽しむことができます。

 

特に魅力的だったのは、聴き放題プランで楽しめる「聴く日経」です。日本経済新聞の最新ニュースを20分にまとめた音声コンテンツが平日毎朝6時に更新されます。

 

聴き放題プランは1ヶ月間の無料体験ができます!

 

スポンサーリンク

 

Audible

 

AudibleとはAmazonによるオーディオブック配信サービスです。

 

Audiobook.jpと同様、タイトル単体で購入できる無料会員と、月額1,500円の月額会員が用意されています。

 

日本だと後発なので作品数はaudiobook.jpに劣りますが、Amazonアカウントで簡単に利用できます。Amazonですから、これからクオリティが上がるかもしれません!

 

こちらも、会員プランの初回登録時は30日間無料で使えます。

 



 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、最近になって流行りつつあるオーディオブックを取り上げてみました。書籍やニュースのインプット以外にも、語学や資格試験対策にもオススメです。

 

スポンサーリンク

 

本を読むとなると、ビジネス書系で1〜2時間くらいかと思います。一方で、オーディオブックだと3〜5時間ほどかかります。

 

ただし、オーディオブックは0.5〜4.0倍速に変えることができるので、2倍で聴けば活字と同じくらいの時間でインプットできそうですね。

 

かくいう僕は等速(1倍速)が聴きやすかったので、目安として「できそう」と書かせていただきました。ただ、倍速機能は割と好評なようでして、使ってみても良いと思います。

 



 

補足ですが、オーディオブック配信サービス – audiobook.jp聴き放題プランに英単語ターゲットの音声も収録されていました。別の記事で紹介した英語学習としても良いかもしれませんね!

 

参考記事:【苦手克服】おすすめ英語学習【オンライン英会話】

 

やまぴー
Have fun!