【ガチ勢お断り】家でもできる就活のはじめ方と考え方3選

 

こんにちは、やまぴーです。18年4月に新卒で大企業に就職、現在はフリーのエンジニア&ブロガーとして生きています。

 

理系でしたが、文理にかかわらず就活をしました。2浪2留という経歴やインドアな性格を抱えながら難関インターンに10社以上合格するなど、就活をうまく乗り越えました。

 

家でもできる就活のはじめ方と考え方について、「就活ガチ勢」ではない人に向けた記事を書こうと思います。

 

就活をはじめる前に

 

就活のはじめ方を調べている人は、次のキャリアで「企業に就職する」ということを決めていると思います。そこでひとつ、質問をさせてください。

 

やまぴー
就活をするかしないか、考えましたか?

 

どうでしょうか?私自身もこの質問から就活をはじめて、うまくいきました。もっと細かく見てみましょう。

 



①:ブラウザを閉じて大丈夫です。

②:この項目は飛ばし読みで大丈夫です。

③:この項目も読んでほしいです。

 

最近では当たり前になりつつありますが、企業に勤める以外にもキャリアの描き方は無数にあります。重要なのは、誰でも「就活をしない」という選択はできるということです。才能や人脈、実績は不要です。

 

おそらく、そういう時代だと気付いていながら無意識に就活をはじめてしまう人は、メンタルブロックがかかっているかもしれません。要は、

 

就活生
就職せずに生きていけたらなぁ。(でも、きっと自分にはムリだろうな。)

 

ということです。この場合、実際に就職せずに生きている人を見てみると良いと思います。

 

理想は会うことですが、素晴らしい時代なのでTwitterなどネットで簡単に見ることができます。起業家、投資家、フリーランス、休学している学生。YouTuberなんかも良いですね。

 

 

たぶん、百聞していた「就活をしない」という選択肢を一見することで、それが身近なことに感じます。その上で、元の質問を考えてみましょう。

 

やまぴー
就活をするかしないか、考えましたか?

 

もちろん、するもしないも正解です。考えたこと自体が正解だからです。

 

スケジュールを知って自分のスケジュールをデザインしよう

 

20卒のスケジュールを紹介しておきます。

 

マイナビ2020 就活スケジュール/マイナビ2020 

すごく楽観的ですが、たぶんこの流れで進めていれば無内定にはならないです。その他、外資やマスコミ、メガベンチャーなど一部の企業は独自のスケジュールで選考を行います。

 

でも、スケジュールに従う必要はありません。これらの就職活動市場を知っていながら、自分にとってベストなタイミングで市場に参入することが重要です。たまに、

 

就活生
3年6月から就活しなきゃ。何もやってない、ヤバい。(でも、3年6月から就活してれば、大丈夫でしょ。)

 

という就活生がいますが、自分探し中なので放っておきましょう。就活は義務ではありませんし、早ければ良い遅ければ悪いというものでもありません。

 

行きたい企業、やりたいことは人それぞれですから、それに合わせた準備ができれば大丈夫です。テキトーに3年6月から就活をはじめるくらいなら、ブログでも作ってアウトプットの練習をした方が良いと本気で思います。

 

他人のスケジュールに惑わされず、自分の就活プランをデザインしよう!

 

Google カレンダー

Google カレンダー
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

Microsoft Outlook

Microsoft Outlook
開発元:Microsoft Corporation
無料
posted withアプリーチ

 

ちなみに、紙のスケジュール帳も良いですが、最近は便利なツールがたくさんあります。就活生に限らず、荷物が多い人ってどこか仕事ができる印象がありませんよね。

 

経営者視点に立ってみよう

 

理系の私ですが、カナダ留学中の専攻はマーケティングでした。そのおかげで、就活でも新卒就活市場や採用における価値の流れを意識していました。

 

 

まずは、ナビサイトを試しに使ってほしいと思います。ナビサイトをガツガツ使ってほしいわけではなく、ビジネスの仕組みを考えてほしいからです。また、同時にあなたが「やりたいこと」を考えてほしいです。

 

就活生
どういうことでしょうか?

 

ナビサイトに登録した就活生は、もれなくB to B to Cである新卒就活市場における­Cになります。

 

Cである就活生はナビサイト(B)を介してエントリーを上流側の企業(B)にgiveするかわりに、就活情報をtakeしています。これ、就活生によっては「give≫take」になりかねません。

 

 

言い方は悪いですが、企業からすれば採用はショッピングです。

 

もちろん、ナビサイトを使ってエントリー(give)しまくることは可能です。ナビサイトは一斉エントリーに適したアルゴリズムを組んでいますから。

 

でも、時間軸を将来に広げて、takeもしましょう!そう思うことこそ、「やりたいこと」や「夢」を考えるきっかけになります。

 

将来の労働力を企業にgiveするのではなく、就職先の資本を自分の「夢」を叶えるために利用しましょう。これは、きっと重要です。

 

 

経営者からすれば、「事業の目標≫あなたの夢」です。経営を回すために採用をして、給料というコストを毎月払います。ネットを使うために回線を契約して、固定費を毎月払うのと似ています。

 

たぶん、今の日本だと使われるために就職したい人は少ないと思います。でも、イマイチ経営者視点に立てず、結果的に使われ続けている人が多いのではないでしょうか。

 

個人的にも、そういう社会を残念に思います。会社とあなたがwin-winになるような就職先を探してほしいです。

 

情報はネットで探そう

 

私は外に出ると早く帰ってYouTubeを観たくなるので、あまり足で情報を稼ぐことができませんでした。大学も仙台だったので、東京は遠かったです。

 

 

しかし、情報で困ったことはありませんでした。むしろ、情報強者だったと思います。

 

情報の探し方は、3段階にまとめています。この記事の本題からは少し離れますが、なるべく引きこもりながら就活を成功させたい人の参考になれば嬉しいです(*´―`*)

 

情報を入れまくろう!

 

まずは、情報の入り口を広げましょう。就活っぽく言えば、ブレインストーミングの段階です。

 

例えば、ナビサイトというと、マイナビ、リクナビ、キャリタスのような代表的なものが浮かぶと思います。でも、実はたくさんあって、

 

 

その他にも、業界に特化したものや体育会系に特化したものなど、様々です。

 

大学の講義1コマ分の時間で全部登録できるので、登録してみましょう。

 

スポンサーリンク

意外と代表的なナビサイトしか登録していない学生が多いです。(※ここでは、そのサービスを使うかどうかは別です。)

 

そして、最も重要なのはSNSの「いいね」や「フォロー」です。ここは特に強調したいです。就活関連のアカウントを片っ端からいいね&フォローしてみてください。騙されたと思ったらフォロー解除すれば良いです。

 

寝ていても情報が入ってくる環境を作りましょう!

 

 

情報リテラシーを高める

 

次に情報に慣れましょう。

 

ここで、足が必要になります。注意してほしいのですが、足は新規情報のために使うより、既存情報を確かにするために使う方が効率的です。

 

スポンサーリンク

実際に足を使って、ネットで見た既存情報が本当かどうかチェックしましょう。

 

おそらく、既存情報がどのくらい正しく、どのくらい間違っているかが感覚でわかると思います。本当に感覚でしかないので申し訳ありませんが、ネットの情報の信ぴょう性を脳みそに覚え込ませましょう。

 

ここに、ある程度の試行回数を費やしましょう。ここでPDCAを回さないと、後で情報の選別精度が落ちてしまいます。

 

やまぴー
マイナビの会社紹介には若手にも裁量権があるって書いてある。実際、どんな仕事に裁量を持てるのかな?

 

やまぴー
みん就の掲示板には簿記2級は優遇されるって書いてある。実際、どうなんだろう?

 

実際に聞いてみることで、使える情報源・使えない情報源の判断軸を持つと強いです!

 

情報を見極めまくろう

 

情報源を確保し、情報リテラシーを高めました。あとは、無数にある情報を見極めまくるだけです。

 

ここまで来ると、真でも偽でも全ての情報に価値を感じるようになります。

 

就活生
え?ウソの情報でも?

 

そうです、ウソでもです!

 

例えば、みん就でウソと思う情報を見つけたとしましょう。みん就ではその情報に対して議論が繰り広げられています。

 

インドア就活のデメリットとして、自分の位置がわかりにくいことが挙げられます。しかし、これを見れば自分は意外と順調だとメタ的な気づきを得られる。優越感というか、精神安定につながります。

 

 

ウソの情報もうまく使いつつ真の情報を軸に就活を進めることで、最小限のちからで最大限の結果を出しましょう!

 

私はこれを繰り返した結果、unistyle外資就活ドットコムみん就だけ使っていました。代表的なナビサイトは使いませんでした。

 

まとめ

 

いかかでしたでしょうか?家でもできる就活のはじめ方と3つの考え方ということで、

 


1.スケジュールは自らデザインしよう

2.経営者視点に立ち、自らの「夢」を考えよう

3.情報を自らネットで探そう

 

の流れで解説しました。

 

良い時代なので就活は家でもできます。しかし、裏を返せば「20卒までは3月は説明会、6月は選考の解禁」とか「リクルートスーツ〇〇%OFF」とか、余計な情報も入ってくる時代です。

 

そのせいか、就職活動が当たり前になってしまって、

就活生
あぁ、働きたくない。。

と思いながら、

就活生
御社で働かせてください!

と嘘をつかざるを得ない就活生が多いです。お金を稼ぐ、又は生活を送るだけなら就職しなくてもできます。

 

せっかく就職するなら、もっともっと自分のために就職してほしいです。だから、スケジュールも将来の仕事も使う情報も、もっともっと自分で決めてほしいです。

 

やまぴー
Have fun!

 

スポンサーリンク